脚を細くすることだったら簡単!
管理栄養士の30日間にきび永久撲滅プログラム

にきび治療

にきびに効く薬

にきびの薬としていろいろな市販薬があります。

ただ、ひとりひとりに合わせて出された処方箋ではないため、皮膚トラブルが起こらないように有効成分は配合されていますが、成分は低めになっています。

初期のにきびの症状では市販の薬でも炎症を抑える効果が期待できますが、赤にきびや黄にきびなど炎症がひどくなってからでは効果がでない場合もあります。

ひどくなってしまったら、皮膚科で治療してもらうほうがいいでしょう。

にきびの薬に配合されているのは「毛穴につまった皮脂や角質を取り除く」「炎症のもとになるにきび菌の働きを抑える」「雑菌が入って化膿するのを防ぐ」働きがあるものです。

毛穴につまった角質や皮脂腺を取り除くにはイオウを含む「イオウカンフルローション」を使います。

洗顔後ににきび部分に直接塗る薬で、皮脂の分泌を抑える働きもあります。

他にもビタミンB2、B6、Cなどの内服薬も皮脂腺の働きを抑えるのに効果的なので、にきびが広範囲にわたる場合病院などで処方されることがあります。

にきび菌が活発に働いてしまっていて炎症を起こしているときは抗菌薬をぬり、増殖を防ぎます。

抗生物質の内服薬を処方されることで改善が期待できます。^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック